HOME > 養生法としての整体

養生法としての整体

日本では古来より肉体的、精神的な疲労を温泉に浸かり身体を温める事で回復させてきました。
肉体的、精神的な疲労は筋肉の過緊張を引き起こし自律神経の乱れを生み血液やリンパの流れを悪くして免疫力や自己回復力の低下、更には姿勢も歪めてしまいます。
ゆっくりとリラックした状態を作り身体を温め、無駄な緊張を解く事は健康な身体への近道になります。
全身の筋肉・筋膜をゆっくりと時間をかけて、ほぐしていきますので施術中に寝てしまう方も多く、終わった後は身体がお風呂上がりの様にポカポカするのを感じる事が出来ます。
当院の施術は養生法・予防を目的としていますので当初は治療目的で来店されていたお客様も不調の改善後は心身のリラクゼーションやメンテナンスを目的にシフトして来院されています。
湯治の様に身体をゆっくりとほぐし心と身体の不調を根本から改善していく事が大事です。


このページのトップへ