整体処 りら福 完全予約制 1日6組 限定 042-812-4185 [月~金]10:00~21:00 [土日祝]10:00~19:00 〒194-0022 東京都町田市森野1-10-9 サンシャイン荻原ビル203
整体処りら福 LINE公式 アカウント ができました!
  • りら福の使い方
  • 改善テクニックと豆知識
  • お客様の声
  • よくある質問
  • ブログ
  • リンク

HOME > ブログ > 10ページ目

ブログ 10ページ目

2016から2017へ

2016年も無事に終わる事が出来ました。

これもひとえに仕事やプライベートで関わる全ての方々からのご助力のおかげと思い、こうべを垂れる1年でございました。

来年も心・技・体ともに精進し、皆様に還元していきたいと思います。

皆々様方が良き年を迎えられますよう、お祈りしておりますhappy01

20161231145249-2ca000ca5410f50e0f6826b99b62d5ccb7f0dee2.jpg
日々訪れる、ご縁と気付きに感謝いたします。

メリークリスマス

2016年のクリスマスは3連休&穏やかな天気に恵まれ、お出かけの方は休日を満喫できるのではないでしょうか。

僕自身は整体師になってからは休日に出かけるという事がほぼないので、すっかりイベント事にも疎くなってしまいましたが・・・。

さて今年も本当に僅かになりましたね。

当院の予約状況もお陰様で、29日を除いて今年度の予約枠は全て埋まっております。

年末の疲れを取りたい方や痛くない整体を受けてみたいな~とお考えの方は早目のご予約を、どうぞよろしくお願いいたしますhappy01
20161224183613-70b36b9d1a70d178d119d37d67ac3367f69a2d86.jpg


年末年始の営業

今年もあと僅かになりましたね。

本当に1年が早くて毎年この時期は、ワタワタとして我が事ながら準備の悪さに呆れる毎日です。

さて当院の年末年始の予定はこちらになります。

今月は時間が変則になりますが31日まで営業しております。


12月29日20時までの営業
12月30日16時までの営業
12月31日14時までの営業
です。

12/30・31日は残りの枠が僅かになっておりますので、予約をお考えの方は早めのお電話やネット予約をお願い致します


年始は1月5日から通常営業になっております、1月1・2・3・4は留守番電話になりますので、年明けの予約はネットからお願いいたしますhappy01




鬼柚子

鬼柚子を頂きました。

獅子柚子とも呼ばれているようですが恥ずかしながら、この鬼柚子という名前を初めて耳にしました。

何でも昔から縁起物として重宝されてたらしく。

鬼という名前から連想されるように「獅子や鬼は邪気を払うと言われ縁起物としてお店に飾られることがあるようです。また実が大きいので実入りが大きい=千客万来としても重宝されているとか」

いずれにしても良い物を頂きました。ありがとうございますhappy01

unnamed (10).jpg


ヨガサンタ

12月もいよいよ中盤に差し掛かりました。

去年もお目見えしたヨガサンタが今年も当院にやってまいりました。

相変わらず世界中の子供達にプレゼントを届けるために、入念な体作りに励んでいる様です。

unnamed (8).jpg
日常の中で、ほんのチョットだけでも筋肉を伸ばしたり普段使わない箇所に動きを付けるだけで腰痛や肩こり、頭痛などは軽減しますので、休日も座りっぱなしにならないよう外に出ましょう。

意外とウィンドウショッピングなどでも十分に運動になるものですhappy01

バンザイして足踏み

当院の施術は、弛めて整える整体です。
 
頭痛や腰痛などの不調の原因の多くを占める過緊張の状態から身体を開放していくのが主な目的ですが、施術が終わった後は筋肉がユルユルになってしまうので、お客様には施術後にちょっとした体操をして貰っています。
 
動きとしてはバンザイをしながら両足で足踏みを何回か繰り返します。こうする事によって背部にある脊柱起立筋や殿筋筋群、ハムストリングなどの抗重力筋が適度に起きて身体を支えてくれるので、ユルユルになった身体に芯が入ったような心地よい状態になります。
20161204174328-0157c4b255d25e0d64159b184b9ff2c290539908.jpg
 何となく照れくさい様な動きですが、これが大切な事なのですね。
 
僕も一緒に行いますので楽しんで行いましょうhappy01

痛みを探さないで

身体の痛みというのは不思議な物で、常に肩が痛いとか腰が痛いと言っているとそこに痛みがある事が当たり前になってしまう様です。

勿論、身体が痛いというのは不快な感覚なのですが、長年連れ添った夫婦の如く何となくそこが痛くないと落ち着かないなんて感情が生まれる方もチラホラ。

そんな訳で施術が終わって痛みの具合や動作確認をしていると身体を無理に捻ったり、肩や腕を無理くり回して「こうすると、ここが痛いです」と普段しないような動きで痛みを探してしまう方が、たま~~にですがいたりします。

痛みを無理に探していると、脳はその部位が痛い事が通常の状態であると勘違いして常に痛みを出そうとしてしまうので、施術後に痛みが軽減したり消失した時は、どうか素直に快調な身体を体感して下さいhappy01
jyojyo 1.jpg


雪ですね

11月の雪は54年振りだそうですね。

急な寒さ対策は慌ててしまいますが、これから外出の方も手袋や帽子を忘れずにお出かけをお願いします。

寒さによる身体の縮こまりは、過緊張の元になってしまいます。

肩こりや頭痛を防ぐ為にも首元などを冷やさない、暖かい格好での外出をお勧めします。

と、何の工夫もない当たり前の事を呟いてしまいましたが、ちょっとした当たり前の事を気を付ける事で身体の不調の大部分は予防出来ちゃったりしますhappy01

身体のイメージとか

自分の身体のイメージが変わると、肩や首のコリや腰痛が軽減する事もあります。
 
例えば腕ですが、お客様と話をしていると何となく胴体からニョキっと腕が生えているイメージを持った方が多いようです。
20161118192911-ef253aaf755687753de5aec786bfb66494aa538a.jpg
 
ここでイメージを膨らまして貰いたいのですが、腕のイメージを少しだけ胴から離してください、そしてそのちょっと離れた位置から腕がぶら下がっているとイメージが出来ると肩の辺りの重さが軽くなってくるのがわかると思います。
20161118192945-c4911922305e7becbd971f6f4b3c5e68e561143a.jpg
厳密にいうと腕の付き方は全くのイラスト通りという訳ではありませんが、イメージは単純化した方がわかり易い物です。
 
この様な感じで自分の身体のイメージを塗り替えていくと少しずつですが、コリやダルさが感じ難い身体に変化していきますよ~happy01

350.000

先日、九州の父親と電話をしていると車がダメになったので買い替えると言っておりました。
 
車を買い替える事自体は、なんの事はない出来事なのですが、ダメになった理由というのが乗っていた車がもう限界になってしまったとの事でした。
 
因みに父親が今まで乗っていた車を新車で購入したのが約10年前。ごく普通のコンパクトカーなのですが、車屋さんにもう無理ですよと言われた時点での走行距離はなんと
350.000㌔。
 
35万キロだったそうです。車屋さんにも35万キロは初めてだと言われたそうです。
 
父親は九州の田舎で焼き鳥屋をしているのですが材料にこだわっているので、例えば美味しいシイタケを使いたいという理由で1時間ほど車を走らせ、シイタケだけを買いに行くなんて事を日常的にしていたりします。
 
ご存知の方も多いと思いますが、同じ1時間でも都内と田舎では時間と距離が全然違います。
 
そんなこんなで気が付いたら35万キロも走っていたそうなのですが、大きな故障もなく走っていたようなので今どきのメーカーさんの技術力は凄いですね・・・。
 
そんなに乗れるには何かコツとか日頃の整備とかがあるのかと聞いてみたところ、行っていたのは3千キロごとのオイル交換と早めのブレーキパットの交換だけだったそうで、大事になる前のメンテナンスが大切なんだなと感心です。
 
という訳で、ちょっとこじつけますが(笑)
 
人の身体も同じですね、何となく腰が痛いな~、寝付けないな~、頭痛が多くなってきた気がするな~と軽い自覚症状があっても、仕事が忙しいとか、この位で医者や整体に行くのは大げさかな~と放置していると、いつの間にか腰が痛くて布団から起き上がれなくなったり、頭が痛すぎて仕事を休む羽目になったりと大きな症状になってしまいます。
 
そんな事になったら結果として周りに迷惑が掛かったり、何より自分自身が辛くなってしまいます。
 
ネイルや髪を染めに行くように、身体のメンテナンスも普段の生活の中に入れこんでみて下さい。
 
整体は身体が辛くなった人ばかりが来るわけではありません、日頃の緊張した身体をリラックスさせる事だけを目的に整体を受ける方も大勢いますので、気軽にご連絡してみて下さい、お待ちしておりますhappy01


20161110182717-c9386b0a00b4e812374531d4f37a4b7e94f71e66.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ