整体処 りら福 完全予約制 1日6組 限定 042-812-4185 [月~金]10:00~21:00 [土日祝]10:00~19:00 〒194-0022 東京都町田市森野1-10-9 サンシャイン荻原ビル203
整体処りら福 LINE公式 アカウント ができました!
  • りら福の使い方
  • 改善テクニックと豆知識
  • お客様の声
  • よくある質問
  • ブログ
  • リンク

HOME > ブログ > 筋トレ > これから筋トレをはじめようと思っている方へ

ブログ

< 深呼吸の落とし穴  |  一覧へ戻る

これから筋トレをはじめようと思っている方へ

筋トレ初心者向けのお話。


普段は全く体を鍛えたり運動をしてないな~、でも夏だし筋トレでもしてみようかな~なんて方はチョットだけお待ちを。


さあ体を鍛えようとジムなどに通って、いきなり強度の高い筋トレをしても、普段伸ばしていない筋肉、靭帯、軟部組織は悲鳴をあげ下手をすると関節を痛めかねません。

実際、以前はじめていったスポーツジムで強度の高い筋トレをしてギックリ腰になり、慌てて当院に飛び込んできたという例もあります。

 

例えば普段は置きっぱなしにしてある自転車に一ヶ月振り乗ったとしましょう、恐らく各部は錆び付き、オイルも付けていないのでペダルを漕ぐたびに重く軋み、ブレーキもキーキーと鳴りかかりが悪くなっているのが想像できるでしょうし、経験がある方もいるのでは?


体も同じなので筋肉をそれなりに鍛えたいのであれば、筋トレをする一週間前くらいから準備をしたい所です。


ラジオ体操などで普段使っていない筋肉の動き、関節の可動域を体に思い出させてから筋トレに挑むと怪我のリスクもかなり減らせますので意識してみて下さい。

20180711174801-97ff9aab17fae51c36868f61efcee6e5c5b366c8.jpg
何事も慌てると良い結果には繋がりにくいのでご注意。

それでも
「思い立ったらすぐにやりたいんじゃー」という方は、せめて三日くらいは準備期間を設けてみて下さい。

チョッと不安だなという方は当院で体の過緊張をゆるめて、連動性を高めてからジムに行くというのも一つの選択肢になりますのでご検討下さいませhappy01


アメブロ

https://ameblo.jp/en-maru/

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qfr6156l

町田駅近くで整体をお探しなら駅から5分、こころとからだをつなげる整体「整体処りら福」へ。身体や心の緊張から来る自律神経の異常、頭痛、肩こり、腰痛、不眠など様々な不調を筋膜や筋肉のセンサーにアプローチして全身をゆるめて調整しますnote
 


 

 


カテゴリ:

< 深呼吸の落とし穴  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

逆立ち健康法

人間は重力と共に生きているので、どうしても血液やリンパ液、または内臓が下に下にと向かう傾向にあります。
 
そんな時に逆さまになって、ある程度のリセットをかける事が出来ると身体の状態は良い方向に変わっていきます。
 
方法は至ってシンプル。
 
逆立ちです。

逆立ちをして30秒から1分かけて、ゆっくりと腹式呼吸を繰り返して下さい。
この時天空まで伸びるように足先にしっかりと意識をいれる事が重要です。

 
逆さまになる事で下がっている血液、リンパの流れをうながし内臓の下垂を定位置にし便秘や消化器官の改善にも、更に頭を下にする事でアルファー波が出やすくなるとか・・ヨガの世界では昔から逆立ち状態でも瞑想を行うことが知られています。

続ける事で筋トレにもなり体幹もしっかりしますので他にも肩コリや腰痛、冷え性などにも効果があります。
 
しかし子供の頃ならいざ知らず、大人達にいきなり逆立ちをと言っても出来ない方も多いとかと。
 
そんな時は慌てず背中逆立ちや壁を使った逆立ちから行ってみて下さい、これでも結構効きますのでまずはここから。
 
壁逆立ちが怖い方はお腹を壁に向けてよじ登る様にすると、怖さも薄まりますのでご安心をhappy01

 20170519184958-750e91cb97acc566f377dd359e7983c1a02daa13.jpg
 町田で整体をお探しなら1日6名限定の隠れ家整体院「整体処りら福」へ
身体や心の緊張から来る自律神経の異常、頭痛、肩こり、腰痛、不眠など様々な不調を筋膜や筋肉のセンサーにアプローチする優しい整体で整えますnote

負荷が低くても筋力トレーニングはできますよ

普段あまり書かない筋トレのお話。
 
お客様から肩こりや腰痛も無くなったので、今度は予防の為に筋トレをしたい気持ちはあるんだけど、ジムに行くのは中々ハードルが高いというお話を聞いたりします。
 
聞けばゴリゴリのマッチョな方々がバカでかいバーベルを持ち上げて、ふんふん行っているのが怖いというイメージがあるようです。
 
一般的なジムであればそんな事はないので怖くないですよと、お話させて頂いておりますが、やっぱり二の足を踏んでしまうとか。
 
男性だと高い負荷を上げられないのが恥ずかしいなんて意見もありました。
 
そんな時は自宅で行う低負荷でのトレーニングをお勧めしております。
 
何でもまずはハードルを低くという訳でもないのですが、日常生活においてプロレスラーのような身体や軽自動車を持ち上げるようなパワーは必要ないと思いますので、取りあえず3~5キロ位のダンベルがあれば自宅でも筋トレは可能です。
 
低負荷のトレーニングでも筋肥大が起こる事は証明されていますし、負荷が低いと怪我のリスクも軽減しますので安心して下さい。
 

目安としては一度に25~28回続けられる重さで限界まで頑張ってみて下さい。
 
2セット目に大体10回前後しかできなければ大丈夫です。もっと沢山出来る様でしたら負荷が軽すぎるので、もっと重くして下さい。
 
3セット目に8回前後で限界が来たらそれで終了です。
 
インターバルは30~90秒以内で行うのがベストです。まずは週2回から。


この方法であれば自宅でも筋トレが出来ますので自分にこの方法が合ってるな~と思ったら頑張ってみて下さい。
 
重さと回数も大切ですが、それよりも正しいフォームとイメージトレーニングそして休養はとても重要なので、その点もしっかりと気にして下さいませ。
 
一応ダンベルに関しては、10キロ位迄で重さを自由に変えられる物が良いらしいですよhappy01

20170218182108-99dd9fe648665a4287f1d9bdc0010a409064d777.jpg


町田で整体をお探しなら無痛の整体「整体処りら福」へ
体の緊張から来る、頭痛、肩こり、腰痛、不眠など様々な不調を
筋膜や筋肉のセンサーにアプローチする無痛整体で整えますhappy01


 

このページのトップへ