整体処 りら福 完全予約制 1日6組 限定 042-812-4185 [月~金]10:00~21:00 [土日祝]10:00~19:00 〒194-0022 東京都町田市森野1-10-9 サンシャイン荻原ビル203
整体処りら福 LINE公式 アカウント ができました!
  • りら福の使い方
  • 改善テクニックと豆知識
  • お客様の声
  • よくある質問
  • ブログ
  • リンク

HOME > ブログ > アーカイブ > 低音障害型難聴

ブログ 低音障害型難聴

低音障害型感音難聴

お客様から低音障害型感音難聴というものになってしまい、不便を感じるという話を割と聞きます。
 
皆さん子育てや仕事に忙しい女性の方ばかりなのですが、少し調べたところこの低音障害型感音難聴というのは、急に起こる難聴の一つで20~40代の女性に発症することが多くみられるようです。
の特徴として
※低い音が急に聞こえにくくなる
※低い音の耳鳴りがする
※耳が詰まった感覚がする
などといった症状が出るようです。
低音障害型感音難聴はその名の通り、感音性難聴と呼ばれている種類のもので、内耳(ないじ)といわれる部分に障害が起こる事で発症します。
 
内耳は、耳の穴から入ってきた音を各周波数ごと感知し、感知した音を脳に送る働きをしています。
 
この耳の働きは、あくまでも音を感じ取るのみであり、その音が何の音か、何て言ったのかを理解をするのは耳ではなく脳の働きになります。この周波数を感知する部分や脳にうまく音を送れないと、
 

※音が小さく聞こえる
 
※言葉が聞きにくくなる

 
という事になってしまいます。
 
また内耳は外側に骨迷路、その側には膜迷路という2重の構造になっており、骨迷路の中には外リンパ液が、膜迷路の中には内リンパ液が入っていて混じり合わない様になっています。
 
急性低音障害型感音難聴では内リンパ液の量が過剰になると膜迷路が膨らんでしまったり、膜迷路に小さな穴があいたりして神経を興奮させるエネルギーを上手く作れなくなってしまうといわれています。
低い音だけ、聞こえが悪くなるのは、内耳の中でも低音を感じる頂回転付近が特に、内リンパ水腫の影響を受けやすい構造になっているからです。
20161104192359-6ae048ebfd9ecd43688a2f3068e608713e61ea85.jpg

発症の大きな原因はやはりストレスによるものとされているようで、実際医師からも睡眠時間を多くとりなるべくストレスを溜めないようにとアドバイスされる事も多いと聞きます。

また、この難聴は再発する事も確認されており、再発するとその度に聴力低下を引き起こす可能性がありので再発しないように予防する事も重要です。
 
予防は、心身ともにストレスを溜めないようにする事になり。


· 睡眠を十分に取る
· バランスの良い食事
· 適切な運動


これらで予防する事ができるそうです。

幸いな事にこの病気は早期治療をする事で改善する事が多いとされていますので、上記のような症状が続くようであれば早めに耳鼻咽喉科を受診する事をお勧めします。
 
早期治療する事で、聴力を回復させたり、耳鳴りや耳詰まりの症状を抑える事ができるそうです。
 
この難聴の様な病気や慢性的な筋骨格の痛みなどの不調は、普段の何気ない癖の延長で身体に過緊張を生みだし、姿勢や自律神経の乱れを引き起こす事が原因の一つになりますので、定期的に身体の無駄な緊張をとる事をお勧めしますhappy01

 
 

1

« 病気 | メインページ | アーカイブ | 自律神経 »

このページのトップへ