整体処 りら福 完全予約制 1日6組 限定 042-812-4185 [月~金]10:00~21:00 [土日祝]10:00~19:00 〒194-0022 東京都町田市森野1-10-9 サンシャイン荻原ビル203
整体処りら福 LINE公式 アカウント ができました!
  • りら福の使い方
  • 改善テクニックと豆知識
  • お客様の声
  • よくある質問
  • ブログ
  • リンク

HOME > ブログ > アーカイブ > 姿勢

ブログ 姿勢

UFOと健康と

上を向いて歩こう~なんて歌もありますが、はたしてどれだけの人が実際上を向いて歩いているのでしょうか?
 
その昔、UFO研究家の矢追純一氏が
「ブラジルやメキシコのUFO目撃情報が日本に比べて断トツに多いのはおかしい、インチキじゃないのか」と詰め寄られた時にサラリと返した言葉が秀逸でした。
 

「だって日本人はみんな下を向いて歩いているんだから、UFOがたくさん飛んでいたって気付かないのは当たり前ですよ」というような事を話していたのを聞いて、まだ若かった私は成程と深く頷いたのを覚えています。
 
勿論その時の矢追氏は純粋にUFOについて語っただけなのですが、これって健康にもすごく大切な事なんですよね。
 
上とまでは言いませんが、せめて常にまっすぐ前を向いて姿勢を気にしながら歩く事を心掛けているだけでも、身体の不調の何割かは簡単に治まってしまうので、是非毎日実践したいものですねhappy01
 


町田で整体をお探しならソフトな整体「整体処りら福」へ。身体や心の緊張から来る自律神経の異常、頭痛、肩こり、腰痛、不眠など様々な不調を筋膜や筋肉のセンサーにアプローチする優しい「ゆるゆるからだ整体法」整体で整えますnote
 

#猫背 が原因で歯が痛い?

我々整体師は事あるごとに姿勢が大事と言い続けているので耳タコの方も多いかと思います。しかしながら、これに関しては健康のための軸なのでスミマセン慣れて下さいとしか言いようがないのですが、耳タコついでに不良姿勢が原因の例を一つ。
 
先日来院のお客様の主訴は「
歯痛」でした。
 
普通は歯が痛ければ歯医者だろうと思うところですが、勿論そのお客様は既に歯科医に診察済み。
 
診断結果は虫歯などの異常は見当たらなかったそうですが、あえて言うなら首周りの筋肉の緊張がかなりあるので肩コリが原因かもねと言われたそう。
 
確かにお客様自身もあまりの歯痛に耐えかね、口を開けてみたり首を捻ってみたりと色々動き回っていた所、姿勢を正した時にはその痛みが軽減するのを感じたていたそうで、それならばと来院されたそうです。
 
ここで姿勢が悪くて歯が痛い??なんて方もいらっしゃるでしょうが、猫背などの不良姿勢が歯痛に繋がる事もないとは言えません。
 
例えば人の頭はよくボーリングの玉ぐらいの重さと言われていますが、このボーリングに玉を手で持ちます。
 
この時に玉と前腕、地面が垂直(鉛直という言い方をします、重力の働く方向と思って下さい)だと重さはさほど感じずに持つことが出来ます。
 
が・・この方向が少しでも前後にずれるとたちまち玉の重さをキツク感じ実際に前腕部には、かなりの力が必要となります。
20170704193845-99879b3978e3e576e1c070a91bb3b0a8668da3de.jpg
これが頭と体幹の関係だと思って頂ければ比較的解りやすいのではないかと。
 
猫背で首が前傾すると頭は前に落ち、この時に上顎と下顎にもズレが生じ下顎は首がある後ろ方向に引かれるので噛み合わせが悪くなりますのでこの時に歯痛を感じる方が一定数いる様です。
 20170704193943-9edb699efe869912be2778a2661e72bb3c74265a.jpg
顎と首の筋肉は繋がりがありますから、首や肩の筋肉がとても緊張してしまうのは容易に想像できるのではないでしょうか、実際来院したお客様は施術後には歯痛が激減しています
 
このように意外と姿勢の悪さが原因だったなんて事もありますので、身体の不調を感じて専門医にかかった時に特に異常が無いと言われた時は選択肢の1つとして整体で身体を整えてみるのも良いと思いますhappy01

 

町田で整体をお探しなら1日6名限定の隠れ家整体院「整体処りら福」へ
身体や心の緊張から来る自律神経の異常、頭痛、肩こり、腰痛、不眠、猫背など様々な不調を筋膜や筋肉のセンサーにアプローチする優しい整体で整えますnote

 
 
 
 
 

#姿勢 はしっかりお尻を使う事から

現代人は臀部の筋肉を固めて動く癖があるようですが身体はお尻でバランスを取っているので、むしろお尻はしなやかに動く方が理想的だったりします。

お尻をキチンと意識できると、バランスも整い姿勢も自然と変わり、無駄な姿勢制御で身体が疲れる事も少なくなります。

なので歩行時にはお尻も脚だというイメージで左右交互に殿筋を使うようにして下さい。


臀部の筋肉がしっかり働く事で、腸腰筋も動きやすくなり身体の軸を作りつつ歩く事が出来ます。

せっかく割れて二つになっているお尻ですから、ちゃんと別々に分けて使ってみましょう
happy01
20170528173712-edac7b475cc0e07266e77e02612bf04a596f0fca.jpg
町田で整体をお探しなら1日6名限定の隠れ家整体院「整体処りら福」へ
身体や心の緊張から来る自律神経の異常、頭痛、肩こり、腰痛、不眠など様々な不調を筋膜や筋肉のセンサーにアプローチする優しい整体で整えますnote






猫背で台無し?

先日お客様と「洋服の着方を習った事がない」という話で盛り上がりました。
 
デニムジャケットの合わせ方が分からない、カーディガンってどのタイミングで着る?ベストって何なの?とかとか。
 
ファッションと共に生きてきた人には何の事はない話なんでしょうが、楽に着られる服ばかり選んできた僕には難題ばかりでした(笑)
 
ただ最終的にはどんなにファッショナブルに決めていても「
酷い猫背だったら台無しだね」という所に逃げたという情けないお話happy01
i320.jpg
 

町田で整体をお探しなら1日6名限定の隠れ家整体院「整体処りら福」へ
身体や心の緊張から来る自律神経の異常、頭痛、肩こり、腰痛、不眠など様々な不調を筋膜や筋肉のセンサーにアプローチする無痛整体で整えますnote

 

腸腰筋をイメージした猫背改善のヒント

 猫背や姿勢を気にしている方がよく腰を伸ばすよう気を付けているという話を良く聞きます。
 
しかしながら、そういった方々が皆猫背が改善しかというとそうでもないようです。
 
実際に腰を伸ばす動作をやってもらうと、腰を伸ばすというより腰を反らせる動作になっている方が多くいる様に感じます。
 
不良姿勢が前に丸くなるイメージなので、その逆をしようとする様なのですが、そんな時はお腹の奥にある腸腰筋を意識してみるのも姿勢改善の一つのヒントになると思います。
 
しっかりとした解剖学的な知識は取りあえず置いておいて、みぞおちの奥から股関節の付け根まで大きな筋肉が付いているとイメージして下さい。
 
この筋肉が縮こまると身体を立てにくくなり前側に引っ張られてしまいますので、この腸腰筋を立ち上げる動作で改善させていきます。
 
まず、みぞおちと股関節の付け根に手を添えて下さい。
 
そのまま少し身体を丸めて奥にある腸腰筋が縮こまって固まっているイメージをします。
 
そのまま今度は身体を伸ばしながら腸腰筋が伸びて広がっていくイメージをして下さい。
 
この時に腰は意識の外に置いて、お腹の奥の筋肉で身体を支える事を強くイメージ、コツは腸腰筋が縦に広がって腰とあばらを柱の様に支えるという感じです。
 
こういったイメージを普段から癖付ける事で、猫背などの不慮姿勢の改善にまた一つ近づいていくことが出来ますhappy01
20170418173049-87dea8609b681966821841587a9ad0a147ad7519.jpg
 
町田で整体をお探しなら1日6名限定の隠れ家整体院「整体処りら福」へ
体の緊張から来る、頭痛、肩こり、腰痛、不眠など様々な不調を筋膜や筋肉のセンサーにアプローチする無痛整体で整えます(^^)
 

ダイエットや整形よりも・・・

男女を問わず自分を良く見せたい、異性にモテたいという感情は真っ当な人間なら誰しもあると思います。
 
そんな時に選択肢として整形やダイエットで容姿を変化させる方法を選ぶ方も多いようで、時には何十万円もつぎ込み理想の自分に近づけようと努力しているようです。
 
それはそれで正しい選択だと思いますが、そこで終わらせてしまうととても惜しいので、その努力にもう一つ加えて下さい。
 
せっかく理想の容姿や体形が手に入っても、酷い猫背だったり歩き方が悪かったり、はたまた箸もろくに使えず食事をする様が汚かったりしたら今までの努力は台無しになってしまいます。
 

その身体に何十万つぎ込もうとです。
 
他人は姿勢、立ち方、歩き方、話し方、食べ方、座り方等その人の佇まいを、あなた自身が思っている以上に容姿以外の所を見ています。
 
ですのでダイエットや整形と同時進行でも構いませんので、是非自分自身の佇まいをもう一度見直してみて下さい。
 
その際、身体のメンテナンスに整体を選択肢の一つに加えてい頂けると幸いです。
 
定期的に身体をほぐしていれば肩こりや腰痛にも悩まされずに済みますよhappy01
20170224193924-5c1a5407a02e79e043c85ddbcd2d65331e14638c.jpg

町田で整体をお探しなら無痛の整体「整体処りら福」へ
体の緊張から来る、頭痛、肩こり、腰痛、不眠など様々な不調を
筋膜や筋肉のセンサーにアプローチする無痛整体で整えますhappy01


 

用足しの姿勢

突然ですが世界にはしゃがんで排便する人が12億人いると言われているそうです。
 
そこで洋式トイレよりも和式のトイレの方が自然に用を足す事が出来るというお話。
 
座った姿勢だと便が排出されるまで腸繊維に圧力をかけ続ける事になって便秘にもなり易いと指摘されています。
 
ドイツ人の腸学者エンダーズ博士によると様式トイレで用を足すのは効率が悪いそう。
 
腸の閉鎖機構は、座っている時や立っている時に「ハッチが完全に開く」ようには出来ていないようで、それに対してしゃがんだ姿勢は排便に適しているそうです。
 
所謂、和式スタイルは自然で、尚且つお尻に圧力を掛けずに済むらしいです。

しかしながら西洋式トイレでしゃがむとなると便座の上に足を乗せてしゃがみ込むという方法しかなく、この研究結果も現代生活に置き換えるとあまり現実的ではないですね・・・。
 
先日鎌倉の公衆トイレに入った時は和式でしたが、トイレでしゃがむ姿勢を取ったのは僕も実に10年振り位だった気がします。
 
今どきのヤンキー達はスタイリッシュなのでウ○コ座りもしなそうですし、日常的にそのスタイルをとっているのは想像するに野球のキャッチャーの人位でしょうかね?
 
そう言えば和式トイレで育った人は足が短くなる等いった都市伝説がありますが、どうなんでしょう?(実際和式トイレで育った僕の足は長くはありませんが・・・happy01


20160611180700-5faafef2378038238f1f0bd401d357d3f0a697d1.jpg
 

靴合ってますか

腰痛や肩こりにも関係があるかも知れない、靴のお話です。
 
誰しもお気に入りの靴なんてものがあると思います。
 
また靴を買う時に一目ぼれをして、機能性よりもデザイン重視で決めたなんて事もきっとあるのではないかと。
 
特にサイズが合わなくて、靴の中で足が泳いでしまう様ならチョコッと注意をしてみて下さい。
 
例えばサイズが少し大きかったりすると、スリッパを履くような足をズリズリ滑らすような歩き方になりがちです。
 
スリッパ歩きは重心が前へいってしまいますが、重心と頭の位置は垂直になるので足の先の重心に頭を合わせると自然と猫背になってしまうんですね・・・。

そんな姿勢を毎日、何年も続けているといつの間にか腰痛や肩こり、酷い時は首が回らないなんて症状の原因になっているかも知れません。
 20160325193920-a3e3f8ba6a608d474ecbc048896089cb5e4ca010.jpg
なので出来れば適正なサイズの靴を履きたいのですが、そもそも「オシャレは我慢」なんて言葉もある位ですからオシャレと健康が反比例して行く事も少なくはありません。
 
しかしながら、健康の為に履きたい靴を我慢するというのも何だか寂しいものですので、少しの工夫で健康にもオシャレにも気を使えたら最高ではないでしょうか。
 
お手軽に出来る方法の一つとしてインソールを入れるという方法があります。
 
ホームセンターやドラッグストアでも買えますが、専門の知識がありますので靴屋さんで購入するのが良いかと思います。
 
金額的には上をみたらキリがないのですが大体1000円前後で手に入りますし、サイズの調整目的だけなら、その位の物で十分だと思います。
 
それだけでチョッとブカブカで歩きにくかったブーツや革靴、スニーカーでも格段に歩き易くなり、重心も安定しやすくなりますし腰痛や肩こり等の予防にもなります。
20160325194011-67ace6728c59bcb2814563786633d10bc554ec1f.jpg
勿論インソールが対応できない靴もあるかとは思いますが、一度試してみると成るほどね~と感じられると思いますhappy01


閏年に考える

閏年の29日ですね。
 
そもそも閏って何?というお話があったのでチョコッと調べたのですが、やはり中国から発祥しておりました。
 
閏と言う言葉には「余り・余分な」となっているようです。
 
閏秒 時刻と地球自転のズレを補正するため付け足す1秒。
閏日 2月29日
閏年 うるうびがある年
 
という事みたいです。余談ですが余計な物という意味合いから
 
閏位:正当ではない帝位
閏指:奇形で指が6本ある
 
等いう言葉もあるようです。
 
さてここからはこじつけますよ(笑)
 
身体の不調を感じてしまっている多くの方は、普段余計な事をしてしまっている事も原因の一つになります。
 

食事の時お腹いっぱいなのに、おかずを一品足してしまったり過剰にスイーツを食べて肥満や胃腸を壊す。

健康の為のウォーキングで、まだ身体が出来上がっていないのに急に何キロも走って膝を壊す。

良い姿勢を取ろうと無理に胸を張り過ぎて腰を壊す。

20160229125248-e8b1847bcc5ee4386205e162eed4d65b43c7c4cb.jpg
 
前述の例を使うと「閏体」とでも言う感じでしょうか。何にしても健康のには頑張り過ぎないで、ほどほどの加減で続ける事が大切だったりするんですねhappy01
 
 

 

顎、引けますか?

健康を維持する為に気を付けたい事はいくつかありますが、姿勢を正すというのは、その中でも基本でありながら難しい事の一つです。
 
良い姿勢維持する為には筋肉を鍛えたり、意識を変えたり、骨格の調整をしたりと様々な方法が思い付くのでは?
 
しかしながら無意識の癖と身体意識が正せないと、また直ぐに猫背に戻ってしまう事も多くみられます。
 
その中でも多くの方が意外と勘違いをしている事を一つ。
 
顎を引くという動作なのですが、割と多くの方が「顎を引いて下さい」とお願いすると、下を向いてしまうのです。
 
下を向いて姿勢を正そうとしても、頸部の筋肉は緊張しますし重心も前へ傾いてしまい肩も巻き気味になり、かえってキツイ姿勢になってしまうんですね。
 
顎を引く時は、顎の下にレールが敷いてあるイメージで水平にスライドさせるような気持ちで引いていくと上手くいきます。
 
慣れない内は片手で顎を触りながら引いていくと、良い感じで出来ますhappy01

20151214173835-89088c55fd9145383cd6a4fc9e658be531aa1a3b.jpgあご

1

« 日常 | メインページ | アーカイブ | 腰痛 »

このページのトップへ