整体処 りら福 完全予約制 1日6組 限定 042-812-4185 [月~金]10:00~21:00 [土日祝]10:00~19:00 〒194-0022 東京都町田市森野1-10-9 サンシャイン荻原ビル203
整体処りら福 LINE公式 アカウント ができました!
  • りら福の使い方
  • 改善テクニックと豆知識
  • お客様の声
  • よくある質問
  • ブログ
  • リンク

HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年1月

ブログ 2016年1月

軍隊から無くなりつつある運動・・・

昨年米海軍専門誌「ネイビー・タイムズ」に、海軍兵士が年に2回行う体力測定から腹筋運動を除外するよう要求する論説が載ったという記事を見つけました。

その中で「時代遅れの運動は現在、腰回りを痛める主要な原因だと見なされている」と記されており、実際にカナダ軍は怪我に繋がる可能性と実際の群の仕事との関連性が低いという理由で体力テストから腹筋運動を除外したそうです。

「米軍兵士1500人を対象に実施したある調査によると、3部門に分かれた軍の体力測定から発生したけがの56%が腹筋運動に関連していた。約3.2キロのミニマラソンに絡むけがは全体の32%、腕立て伏せが11%だった」とあります。

因みにここで言う腹筋運動は両手を頭の後ろで組んで膝を立て、肘が膝に当たるまで上体を起こすというごく一般的な「
クランチ」と呼ばれる物です。

元々近年この様な腹筋運動には懐疑的な意見がまわり始めていたので、やり方を変えているトレーナーさんや専門家の方も多いようです。

「カナダのウォータールー大学で脊柱バイオメカニクスを専門とするスチュアート・マッギール教授は、腹筋運動をすれば脊柱に過重な圧力が加わる可能性があると指摘する。同氏は腹筋で加わる力が、屈曲運動の繰り返しと相まって椎間円板(椎間板)を狭める可能性があることを発見した。この組み合わせが最終的には椎間板の突出を引き起こす原因となり、神経を圧迫して背中の痛みにつながり、潜在的に椎間板ヘルニアを発症させる恐れがある」と記事にはありました。

体力や筋力に自身のある方はすんなり出来てしまうこの腹筋運動。しかし僕の様な運動音痴で学生時代に身体を鍛えた事のない人がやってみるとわかるのですが、何やら腹筋以外にも何かが足りなくて上手く出来ないのが分かります。


元々クランチ自体は腹筋よりも腸腰筋に頼る事が多い運動なので、腹筋に効かせたい場合は少しフォームを考え直し腹筋にダイレクトに効かせる方法がトレーニングの世界でも一般的になりつつあります。

最近は肘を立てた腕立て伏せの様なポーズで体幹部を鍛える「プランク」ポーズにその主流は変わって来ているのですが、こちらの方が敷居が低く感じます。

勿論強度の高い運動なのですが強度は調節できますし、実際プランクの方が普段から運動に慣れていない方でも安全に行え、また腹筋だけでなく側部や背部も鍛える事が出来ます。

腰痛の原因は様々ですが、腰痛予防に毎日腹筋をしているのにぎっくり腰や背中の痛みに悩まされていると言う方は、もしかしたらその原因は鍛え方にあったのかも知れませんねhappy01

20160128194056-f2089329ac060b631aae41452092b3802f1da0b6.jpg

 
 
 
 
 

乾燥肌って嫌ですね

乾燥してますね。

肌がカサカサしたり痒くなったりと、乾燥肌は嫌な物です、特にある程度の年齢にいくとその症状は顕著になるので、この季節は多くの方が乾燥予防にビタミンを積極的に摂取していると思います。

もし可能でしたら、食事をとる際そこにもう一つ「
亜鉛」を加えて頂ければ更に良いかと。

亜鉛は細胞の分裂に関与していて、お肌・髪の毛・爪などの健康を保つのに必須な栄養素です。

亜鉛が不足すると皮膚炎や湿疹などの原因になり易く、その結果「乾燥肌」にも繋がっていきますので是非積極的に摂取したいものです。

ただアルコールや加工食品などに含まれる添加物や未精製の穀物に含まれるフィチン酸を摂取すると、吸収が阻害されたり大量に消費されるそうですので、この時期はお酒を控
えめにするか、亜鉛を多く含む食べ物を摂ると良さそうです。

亜鉛を含む代表的な食べ物

牡蠣・レバー・牛肉・チーズ・卵他

そもそも苦手とかアレルギーがあるとかで無ければ、スーパーに行った時などに、ちょこっと意識してみて下さいhappy01

kaikai.jpg

その昔どろろん閻魔くんというアニメに「かいかい爺」という身体が痒くなる妖怪が居たとか居ないとか・・・。

 

寿命と歩行

歩行のスピードと寿命が関係あるかも?という研究が少し前にアメリカで行われました。

科学雑誌『Journal of the American Medical Association』の2011年の論文なのですがしっかりと検証がなされています。

まず65歳以上の大人を対象に、34,485人を6~21年間にわたって歩行スピードと寿命の関係を記録。

その間に亡くなった17,528人の方々の歩くスピードと寿命の関係を調べています。


平均的な歩行スピードは1秒間に0.8メートルになるそうですが、1秒間に1メートル以上歩く人の寿命は、他の平均的な歩行スピードの人たちよりも長いとの事です。

そもそも「歩く」という行為は、簡単なようでいて結構複雑な行為でだったりします。

神経系・筋肉・呼吸・循環系などの働きを上手く組み合わせないと成立しないと、歩くという行為は成立しません。

その事から歩くスピードが遅いという事は、何らかの身体の不調や非効率的な身体の使い方をしているという事が予測されるそうです。

なので個人の歩くスピードを長期間追跡していけば、歩行スピードの低下などがあった場合に何らかの身体の異常があるのでは?という事に繋がるそう。

ただ気を付けたいのは単純に
「歩くスピードを速めると寿命が伸びるという事ではなく」自分の健康状態を把握する為の判断材料の一つとして、そんな方法もあるのだなという物の様です。

「あ~最近何だか上手く歩けてないな~、スピードも遅くなったかな?」等と感じたら、一度自分の身体を見直すサインかもしれませんね。

何にしろ歩くという行為は、手軽に行える健康法なので健康チェックも兼ねて始めてみるのも良いかもかもhappy01
  

20160119195254-1e7f4f81edcb2c328217ec9a76c0fb65ff280a84.jpg 歩け 
 

メンテナンスは大事

先日のお休みの日に車の1年点検をしてきました。
 
1年点検と言っても中古の車なのですが、ディーラーで買ったので1年点検のお知らせが来た訳です。
 
前後のタイヤのローテーションや各ねじ部分の増し締め、オイル交換等それ程大げさな事は行っていませんが、この定期的な点検や整備を怠ると大きな故障の原因となってしまうので、点検等を小まめに行う事が長く車に乗る秘訣ですね。
 
身体も同じで定期的に点検をしておけば、大きな不調を防ぐ確率は格段に上がる事はご存知の通り。

病院や歯医者などの定期検診に加えて、整体で身体を整える事も選択肢の一つに加えて頂くと嬉しく思います。
 
何となく肩が凝ってるかも?を放置して肩が上がらなくなったり、首を回せなくなったり・・・。
 
ふくらはぎが張ってる気がするな~を放置して、膝痛やぎっくり腰になったりする事も多々あります。

車や電化製品は最悪、買い替える事が可能ですが我々人間は同じ身体をずっと使い続ける必要がありますので、症状が軽い内に普段から運動や食事を気を付けつつ、身体を整える事をお勧めしたいです。いや、是非お願いしますhappy01

20160117154124-3e2df8e295ef458f708eb0f5c8c15a73c46ec19d.jpg

 

デカいよ。

一般的に筋肉ムキムキの男性の事を「マッチョ」と呼ぶ事が多いと思いますが、そもそも「マッチョ」って何?

とお客様とたまたまそんな話になったので調べてみると「
macho」とは元々はスペイン語から来ているそう。

ただ使う時に注意しなければいけないのが、英語圏で「
macho」というのは、日本で言う筋肉ムキムキのフィジカルな意味ではなく「男尊女卑」の様な差別的な意味で使われる事が多いようです。

昔ながらの所謂「男らしい」という価値観から来ているそうなので、僕は気付かなかったのですが海外のドラマや映画でも差別的な言葉で訳されている事も多いそう。

なので外国で使ったら、怒られそうな気がします・・・・。

日本では、その昔流行った「ビレッジ・ピープル」の歌から広まったのですかね?

日本で言う「
マッチョ」は英語では「well built」や「mascular」という表現が正しいようです。

とは言え、日本で使う分には全く問題はなさそうですがcoldsweats01

20160113194844-c8b121c0f4eca33c8ad1652ac95ae1bbb98555e7.jpg






成人の日

今日は成人の日でした。
 
成人を祝う風習は古くからあったようですが、現在のように20歳になれば自動的に成人になるというものでは無かったようで「1日に60キロの柴を刈って12キロを売り歩けたら1人前」等といったものだったそうです。
 
明治以降は日本でも兵役が義務付けられていた時期があり、兵役につく為の徴兵検査が成人式の意味を持っていたそうですが、戦後に兵役の義務がなくなると、1948年に「成人の日」として正式な祝日になったという事です。
 
こうしてみると、その昔の男性は成人の日を境に、かなり意識レベルから大人として成長をしていたのではと思えます。
 
今のお祭りの様な成人式の様子を見たら、先人達は何を想うのでしょうか?
 
とは言ったものの僕自身も成人の日は、バイトでもしてた方がましだと道路工事の警備員をして棒を振っていたという・・・・道理で若い頃から対して成長していない訳ですね・・・coldsweats01

グルグル体操

2016年が始まりました。
 
年末から年始にかけて、公私共にぎっくり腰になってしまった方が大勢いらっしゃいました。

本当に多かったです・・・。
 
冬の時期は特に身体を動かさない上に横になる時間が長かったり、いつもとは違う動きをする機会が多いので、筋肉に余計な負担を掛ける事が多くなるようです。
 
特に背中や肩甲骨周りの筋肉が固まってしまうと、ぎっくり腰や寝違いなど不調の原因になり易いので、時間が空いた時にちょっとした運動をして身体をほぐす事を習慣付けるといいんだけどな~と個人的にはお願いしたいです。

特に背中の筋肉は重要なんです!
 
ベタですが簡単に両腕をグルグルと後ろ向きに回すだけでも、結構身体がほぐれる事が実感できると思いますので、ちょこっと試してみて下さい。

この時に腕ではなくて、肩甲骨が動いてるな~と意識があると最高です。
 
やっぱり悪くなる前の予防が大切だったりしますhappy01

20160105202008-34f72fb4b3dd203a2c94f20dcd6837b32146bbb4.jpg

1

« 2015年12月 | メインページ | アーカイブ | 2016年2月 »

このページのトップへ